あなうめ君が最初のアプリ開発!

アクティブブレインズは、2010年頃よりアプリ開発をスタートしました。
最初に開発したアプリは、「あなうめ君」でした。

あなうめ君

私たちがICT支援をしていた学校では、当時フラッシュカードを使って九九や都道府県の暗記学習を行っていました。それを紙ではなく、「パソコンの画面でできないかな?」と先生から言われたのがあなうめ君を開発するきっかけとなりました。

ICT支援を行っていたコーディネータが、その要望に応えるべくAdobeのFlashで作ったり、パワーポイントのアニメーションを使って作ったりと、悪戦苦闘していました。その状況をみかねて「先生が穴埋め問題を自分で作成できるアプリを作ってはどうか?」といった私の一言が、後になってとんでもない悲劇を生むことになりました。

関連ブログ