教材コンテンツは、おてのもの

アクティブブレインズは、1998年創業以来ずっと今に至るまで教材コンテンツを作り続けています。起業当初は、パソコン教室「PCママサロン」で使うOffice関連の受講生用教材と教え方を記載した講師用教材をオリジナルで開発していました。新規授業の前は、ほぼ徹夜で教材を作成し、授業実施後にはわかりにくかった箇所をすぐに改修して提供していました。なので最初のころの教材は、毎回コピーで配布してバインダーに挟んでいく方式でした。

その後は、教材コンテンツも充実してきたので、パソコン教室「PCママサロン」以外にもOffice教材として一般販売も行っていました。さらに、大手パソコン教室からオーダーがあり、その教室で使うメイン教材の受託業務も請け負っていました。

そのほか教材コンテンツ開発に関しては、海上自衛隊の教育用コンテンツを制作したり、大学で活用するe-learning教材を作ったり、本以外にも様々なコンテンツ開発を手掛けていました。

しかし、2010年ごろから始まったアプリ開発は勝手が違いました。
なんにでも挑戦していく姿勢はよかったのですが、玉砕に次ぐ玉砕で・・・・

関連ブログ