ひろがれ言の葉

ひろがれ言の葉 語彙力を広げ、表現力も豊かに

主体的にワクワク学び、語彙力を磨く

すべての学びの基礎となる「言葉の力」=語彙力は、どのように身に付けていけばよいのでしょうか?テストのためにひたすら辞書を見て言葉を暗記することが、果たして語彙力に結び付くのでしょうか。語彙力を身につけるためには、子どもたちが主体的に新しい言葉を発見することが大切であり、そのためには何よりもワクワク学べる学習プロセスが重要となります。
精読を通じて語彙に着目し、どうしてこの言葉がここに使われているのかを深く考えていく、そこに類義語を提示することで、さらに子どもたちの読み方が変わっていく、このような学びを通じて、子どもたちの言語感覚が磨かれていきます。


元の言葉と類義語を比較し、言葉選びを思考する

ひろがれ言の葉は、文章中に出てくる言葉の類義語を表示して、文章のニュアンスや語感の違いを体感しながら語彙力を身に付けていくツールです。国語の学習に限らず、人と人とのコミュニケーションをとるうえでとても役に立つ語彙力を身につけることができます。

◆文学作品で使われているいろいろな言葉に触れる
青空文庫にある有名な作品を教材とし、使われている言葉を他の表現に置き換えてみることにより、表現の多様性を学ぶとともに、なぜその言葉が使われたのかを考えていきます。


◆作文・論文などに使っている自分の表現を磨く
自分が書いた文章をテキストエリアにコピーし、類義語検索を実施すると自分の言葉に対する類義語がたくさん表示されます。表示された類義語から自分の文章にふさわしい言葉を吟味し表現の質を高めます。

ひろがれ言の葉 作文の類義語検索

◆基本表現と現代の表現をハイブリッドした辞書
同義語・類義語辞書は、小中学生が身につけるべき基本表現をベースに、書籍・メディア等で使われる表現や子どもたちが日常使っている表現を加え、多様な表現をシミュレーションできるオリジナル辞書を使っています。

ページ上部へ戻る