スライムのアミーゴファミリーが、英単語とその使い方を楽しく紹介する英語図鑑です。
日常生活でよく使う約1000個の英単語をイラストでわかりやすく説明しています。
発音を聞きながら、英単語と英会話に慣れ親しんでいくことができます。

36のイラストシーンで英単語を表現

身の回りある英単語に親しむ

普段私たちが生活している36の場面に沿って、親しみやすく英単語を学べる英語図鑑です。学校や家で目にするいろいろなものを対象としているため、英語が身近に感じられるようになります。イラストの中の単語をクリックすると、日本語訳が表示され発音も聞くことができます。

英会話をショートストーリで学ぶ

英会話は4コマ仕立てでわかりやすく

英会話の構文は、使うシーンがイメージできないと実際に使えないということがあります。そこで、実際の使う場面を思い浮かべながら英会話を学べるように、4コマのショートストーリーで会話を展開しています。英会話はすべて日本語訳と発音がついているので、繰り返し聞くことにより自然と覚えることができます。

確認には穴埋め問題を活用

教科書に準拠した穴埋め問題

イラストシーンや4コマショートストーリーで学んだことを穴埋め問題で確認することができます。問題は学年ごとに分かれています。各学年はテーマごとにセクション分けされています。確認したいセクションを選ぶと穴埋め問題が10問表示されます。全問正解するとアミーゴスタンプをゲットできます。

活用事例

東京都渋谷区立西原小学校で行われたアミーゴファミリーの英語図鑑の活用の様子を動画で紹介しています。

監修者からのメッセージ 千葉大学教育学部 藤川大祐教授

2020年度から全面実施されている小学校学習指導要領では、教科としての外国語が5・6年に新設され、外国語活動の時間が3・4年生に設けられました。グローバル化が進展している中で、外国語によるコミュニケーションの必要性が高まり、小学校における外国語教育を充実させ、中学校での外国語教育に円滑に接続できるようにしようというものです。
また、新型コロナウイルス感染症の影響で、一人一台端末のコンピュータ・ネットワーク環境を構築する「GIGAスクール構想」が前倒しされ、外国語学習においても個々の児童がICTを活用することが容易になりました。
外国語の学習には、実際に外国語を使用して他の人とコミュニケーションをとることが求められる一方で、多くの表現を繰り返し練習して身体に染み込ませることも重要です。
この「アミーゴファミリーの英語図鑑」は、小学校における英語学習で便利に活用できるツールです。一斉授業でも個別学習でも使える、コンピュータ端末を活用したアクティビティが豊富に盛り込まれています。
「アミーゴファミリーの英語図鑑」の大きな特徴は、英語を使用する36の場面が、まさに「図鑑」として画面上に並べられている点にあります。学習においては、たくさんの場面を眺めながら、特定の場面を選択して使用することになります。英会話でやり取りをする場面は4枚のイラストで4コマ漫画のように構成されていて、かわいらしいキャラクターたちがわかりやすい状況の中で会話をしています。英語で表示されたセリフをタップすると、英語の音声や日本語訳の文字が表示されるので、音声を聞いたり、日本語訳を見たりしながら、英語でのコミュニケーションに慣れていくことができます。さらに、「穴あき問題」や索引機能を使って、学習を深めることができます。
ぜひ、この教材では、キャラクターである「アミーゴファミリー」にご注目いただきたいと思います。子どもたちがアミーゴファミリーに愛着を抱き、個々のキャラクターに親しみをもって学べると、学習意欲が高まり、学びやすくなるはずです。
この教材が多くの教室で活用され、楽しい外国語学習が広がることを期待しています。